が痛む「予算」の話です。

住宅の建て替えについて、建築業者に見積りをお願いする時に提示する「予算」はいくらにすべきなのか…。

悩むところなのですが、頭金に使える貯蓄と住宅ローン枠を考えて、私から予算を伝えなくては、参考になる見積りなんて作ってもらえませんよね。もし予算を伝えず、青天井な見積りだされても、なんの参考にもなりません。

毎月3万円の積立定期預金をしている金融機関があります。いつもお世話になっているので、その金融機関にいくら借りることができるのか聞いてみました。

まずは、家計を伝えなくてはなりません。

私の給料は、
ほぼ自営業で月21万円
副業で月6万円

妻が、
その自営業のパートさんで、月7万円

上記の通り、金融機関に伝えて相談したところ、この中で、住宅ローン枠の計算に使えるのは、私の給料の月21万円だけでした。つまり…、

月21万円 x 12ヶ月 = 年収252万円

私の信用枠を計算する時に使えるのは年収252万円だけです(>_<。 年収252万円で、ホントにお金貸してくれるの??…不安だったのですが、一応、年収に応じた設定があるらしく、私の場合、返済に使える金額は、年収の25%と見るようです。

(参考)年収に応じた返済負担率の上限

前年年収100万円以上300万円未満
返済負担率 25%以内
前年年収300万円以上450万円未満
返済負担率 30%以内
前年年収450万円以上600万円未満
返済負担率 35%以内
前年年収600万円以上
返済負担率 40%以内

私が1年間で返済に使える金額は、上の表の「前年年収100万円以上300万円未満」が適用されるわけです。





そうすると、金融機関がみる、私が返済に使える金額は…

年収252万円 x 25% = 63万円/年

そうすると、住宅ローンの月々の返済額は…

63万円 ÷ 12ヶ月 = 52,500円/月

なるほど。信用枠を目一杯つかって、借り入れした場合、家計への負担は月々52,500円になるってことですね。

まぁ、このぐらいならどうにかなるかな。

もし、建て替えしないで、賃貸物件に引っ越すとしても、「事務所兼自宅として使えるところが月々52,500円」って、ナカナカないとも思いました。おそらく、月々7万円ぐらいは掛かります。だから、この月々52,500円を家賃と思えば、許容範囲かなと。

あとは、金利次第で借入可能額が決まるわけです。

今回相談した金融機関では、現在、

住宅ローン金利は 0.825% です。
35年ローンで1900万円まで貸出可能との事でした。

とはいえ、今43歳で35年ローンって…完済は78歳。元気に働き続ける高齢化社会が大前提…?

金融機関はスゴイ

スポンサードリンク

 にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
PVアクセスランキング にほんブログ村