の場合、金融機関から借り入れできるお金が1900万円。←これプラス所持金が、建て替え予算です。(参考:年収252万円で住宅ローンを組む。

所持金っていうのが、どこまで使っていいのか決めるのが、難しいです。悩みます。

子供の教育費、病気や怪我など万一の備えなどもあります。貯金だけでなく、いままで積み立てていた投資信託や株などもあります。投信や株は、イザ売却って時に、いくらになっているのかわかりません。
いつまでも悩んでいても、予算は決められないので、将来のことはあまり考えないで、割り切って考えるようにしました。

ご利用は計画的に…。こんな声が、何処からともなく聞こえてきそうですけど。それでも、借りれる枠1900万円を全て使うとして…。

あと、貸出してもらえる金額は、購入金額の90%って、昔に聞いたことがあったので、1900万円が90%になる金額を求めると

1900万円 ÷ 90 x 100 = 約2111万円

だから、だいたい2100万円が限度かなと、思っていました。

そして、所持金の確認。

2100万円1900万円 = 200万円

この200万円は現金・普通預金だけでは持ち合わせてないですけど、積立定期預金、投資信託、株などを、解約するなり、売るなりすれば、どうにかできそうです。

ハウスメーカー・建築業者が見積もりを出すと、きっと、彼らは私達に興味を持ってもらうために、「私達が提示する予算ギリギリの見積りを出してくるだろう」と見込んで、少し安めに…

ローン枠の1900万円の約90% → 1700万円

1,700万円を予算として提示したのです。

大ざっぱでしょ(^-^?

スポンサードリンク

 にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
PVアクセスランキング にほんブログ村