今日は、フローリングの話。

 レスコハウスさんとの打合せでフローリングの話をしたのを思い出しました。

 我が家で建てることになった家は、濃い色(ほぼ黒色)の外壁の小さなコンクリート建造物。

 私は、これに合う内装色を選んだ方がいいのかなって、思い込んでいました。だから「高級感が溢れる深い色」をイメージしてたんです。家具を含めて、フローリングもです。

 でも、建築士さんは、「明るい色のほうが、部屋が広く見えますよ。」と。外装と内装は、全く違う色でも、あまり気にならないそうです。そういうもんですかね?

 1階に10坪しかとれないほどの狭小住宅ですから、LDKだって14畳。この14畳キッチンダイニングリビング職場スペースも備え付けます。…う~ん、私自身、ここに書き込みながら、強引すぎるような気がしてきました。どうしよう。

 いやいや、せめて、見た目だけでも広く見せたいぞっ。

 実際にフローリングが違う部屋を並べて、見比べることができれば、雰囲気がわかるのですが、そういうサンプル部屋はないです。

 見比べようもないので、建築士さんのオススメどおり、明るい色のフローリングを使うことにしました。室内ドアも、同様に、明るい色を選びました。

 でも、選んだ後でも、やっぱり気になってしまって、見た目がどう変わるものなのか、どういう雰囲気になるのか、画像アプリで試してみました。




深い色





濃い色のフローリング





中間色のフローリング





明るい色のフローリング





薄い色のフローリング





明るい色



 上記は、色を変更しただけで、幅・線の太さ・長さは一緒です。あなた視覚遠近感で、この違いがわかりますか?


 読者様に付き合わせておいて恐縮ですが、鈍感な私にはわからなかったです。

 m(_ _)m スミマセン。


 ここまでやっておいて、どんな家になるのか不安になっただけですが、期待して(←何に?)、家ができあがるのを待ちます。



スポンサードリンク

 にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
PVアクセスランキング にほんブログ村