たった、20坪の狭小住宅でも、私なりに頑張った企画モノですので、ちゃんと地鎮祭を催しました。何事もなく無事に工事されることを祈ってます。

 自分が建てる前は、通りがかりに、何を仰々しく(読み:ぎょうぎょうしく)やってるんだか…なんて、思ってたんですけど、いざ、我が身になると、祈りたくなるものです。

 身勝手と呼んでいいです。

 娘も地鎮祭に興味をもっていて、参列したがったので、授業を1時間だけ抜けさせました。担任の先生には、妻の太美が、事前に伝えておきました。

 私の内心では、学校を抜けさせるほどの行事ではないのでは…と、思っていたんですが、終わってみれば、我が家では、この先にはない行事ですし、良い事だったと思います。



祭壇



四方祓い



ぎこちない地鎮(私)



鎮め物の受け取り
基礎工事の際に埋める物



御札の受け取り
上棟時に南側を向けて高い所に祀る物


 地鎮祭ですので、今日はじめて、現場監督(1級建築施工管理技士)さんにお会いしました。営業担当者さんや解体業者さんから、厳しい方と聞いていたので、小心者の私は、やや、怯えていたのですが、とても、おおらかな雰囲気で、頼れる方という印象。今後のスケジュールも説明いただいたのですが、要点がわかりやすく、良かったです。

 ちなみに、今の予定では、引渡は11月22日との事。早ければ10月末頃かもとも。



(追記 2018年07月03日)

 レスコハウスさんとご近所さんから奉献頂いたお酒を、神主さんから頂きました。娘は、桃とミカンを頂きました。有難うございます。


奉献酒
奉献酒


奉納された果物を娘に貰いました。
奉納された果物も貰ました。

(狭太)


スポンサードリンク

 にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
PVアクセスランキング にほんブログ村