団信の申込

自宅の建て替えをR社にお願いすることにしました。でも、ひとつだけ心配事がありまして、実は…

私、持病があるんです。(゚д゚;)!! ←いや、私が驚くことじゃないんですけど。

このため、団体信用生命保険(団信)に加入できるか心配だったのです。

団信は、住宅ローンの返済中に万が一のことがあった場合、残りの住宅ローンが全額弁済される保険です。

この団信に加入できないと、住宅ローンを組めないことがほとんどだと聞いています。

金融機関で住宅ローンの事前審査は、既に通っていたのですが、この団信が心配だったので、R社とは契約前だったのですが、団信の申込をしました。私の持病は、死に至るほどの病気ではないので大丈夫だとは思うのですが、念のため。

団信申込書の告知事項には、やはり、私の持病が載っていました。


団信の告知事項
団信の告知事項

上記に当てはまる場合には、詳細を記入して告知しなければなりません。症状を詳細に記入する欄があるのですが、表現の仕方がよくわからないので、処方されている薬の名前と服用量を記入しました。

こんな感じです。


薬名:A薬 000mg B薬 00mg 1日2回 各1錠づつ服用


団信の申込は金融機関経由です。金融機関の担当者からは1週間程度で結果が来るとのことでした。実際には10日かかったのですが…。




契約

その団信の審査待ちの間に、R社から、契約のPUSHがありました。団信に加入ができない可能性があるので、もう少し待って欲しいといったのですが、年度末が近い為か、押しが強いです。

契約すると、まずは契約金(頭金)100万円を支払う事になります。これが、団信に加入できず、契約破棄となった場合、お金を100%返してもらうことができないかもしれないから不安だと、営業担当者に伝えて、私は、契約を拒んでいました。

そしたら、団信の結果次第では、契約を破棄して、送金手数料の負担だけで返金するといってきたのです。

どうしても、契約が欲しい様子でした。私としては、団信の結果が出れば、即申し込みするつもりでいたので、思い切って、契約書に押印して、契約金100万円を振り込みました。

最初に建て替えを依頼しようと考えていたA社には、この時点でお断りのお電話をしました。

A社では、この時期キャンペーン中で、新たな見積りを作ると言っていたので、それからでは申し訳ないと思い、R社と契約したその日のうちに、お断りの電話をしました。

A社の方が勝っているところが多いです。

価格、
デザイン、
豊富な選べるオプションの数、
メーカー協賛のグレードアップキャンペーンなど、

R社の案より、10平米ぐらい広い家を建てても、R社に建て替えをお願いするより安い見積りをもらっています。

それでも、決め手は鉄筋コンクリートでした。

すべて、丁寧に伝えて、お断りしました。担当者は、残念そうな声を出していましたが、受け入れてもらえたようです。

そして、R社との契約から、2日後の事だったと思います。

団信の返答は加入不可。
切ない気持ちです。

スポンサードリンク

 にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
PVアクセスランキング にほんブログ村