日中は、妻とデスク並べて過ごしているんですけど、昨日、パソコンで「」を見てました。

暇を見つけると、新居をどうするかイメージ作りをしてます。エコカラットという室内の壁材が気になるようです。

私は、住宅ローンと間取りのことばかりが、気になってしょうがないんですけど…。こういうひとときが、みなさんが言う「今がいちばん楽しいとき」なんでしょうね。

せっかくなので、私も、エコカラットを調べてみました。

デザインだけじゃなくて「エコ」って言うぐらいですから、確かに、機能性も魅力です。

私は、家電が好きなので、高機能とか多機能とか、そういう言葉に弱いんです。住まいとはあまり関係ないと思ってたんですけど、そうでもないようですね。

エコカラットのデザイン性

画像リンク先:楽天市場

上記は、ほんの一部です。デザインは、いろいろとあって、予算さえあれば、選び放題のような気がします。エコカラットの販売元LIXILのホームページで、商品紹介はもちろんですが、部屋をイメージできるように、シミュレーターがありました。

エコカラット
製品情報: http://ecocarat.jp/products/
シミュレーター: http://ecocarat.jp/simulation/

リビング、ダイニング、寝室、トイレ…考えてみたら、壁柄が多種になるのはわかる気がします。

正直なところ、私には、デザインだけでは、エコカラットの良さを理解することはできませんでした。



やっぱり、私には機能性。

珪藻土(けいそうど)以上の5~6倍

エコカラットは、珪藻土と比較して、その吸放湿量は5~6倍もあるんだそうです。

我が家では、珪藻土を、バスマットに使っています。珪藻土マットは、びしょ濡れの足で上に乗っかっても、すぐにサラサラになってます。壁一面に、そんなものをつかったら、空気がカラカラに乾いちゃうんじゃないかと心配です。

でも、湿気を吸い込むだけじゃなくて、湿気の補充もすると言うのです。ここがスグレモノだと思います。

ちょうどいい湿度

ジメジメのもととなる余分な湿気を、ゴクリと吸収。
カラカラの時には、うるおい貯金から湿度を補充します。



【LIXIL】エコカラット コンセプトムービー
1.ちょうどいい湿度(YouTubeより)

脱臭効果

エコカラットには、玄関のニオイ、生ゴミ、トイレなど、不快に感じる悪臭をやわらげる効果が期待できるそうです。その効果は珪藻土よりも遥かに優れていて、しかも短時間でニオイを低減するんだそうです。

ニオイが気にならなくなったら、嬉しいですよね。しかも、芳香剤や脱臭剤を撒くわけじゃなくて、壁が和らげてくれる。とても、イイと思います。

ちょうどいい湿度



【LIXIL】エコカラット コンセプトムービー
2.ニオイすっきり(YouTubeより)

私が、気になるところ

ただ、珪藻土とか吸放湿量とかいう言葉がでてくると、なんとなく、強度が心配です。

珪藻土って、もろいイメージがありますし、湿気を吸っている間は柔らかくなるような気がするんですよね。エコカラットは珪藻土ではないので、強度面で珪藻土に例えるのは間違いかもしれません。

でも、いや、それよりも、機能性を誇る素材を壁面に使うなんて、贅沢すぎます。きっと、お金が足りなくなります。やめときましょう。(←※我が家の場合に限ります。)


スポンサードリンク

 にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
PVアクセスランキング にほんブログ村