宅ローンの審査結果が出ました。

2月から待ち続け、審査を繰り返し、待つことに堪えられず、このブログ「おうちでポップ。」を立ち上げて、感情をあらわにし、そして皆さんに同情して頂きつつ、たくさんの応援も頂き、本当に有難うございます。そして、遂に…


本審査通過です!




「条件付き」ですけど。 …(;゚ロ゚!)


中途半端に終わる本審査があるなんて知りませんでした。

ゴールが見えないんですけど
ゴールが見えない…

100万円を建築会社(R社)に頭金として支払ったので、その領収書(正確には振込控え)のコピーを提出しているのですが、あと、278万円分の資金があることを確認させてほしいとの事。

例えば、この金融機関に預金するとか、他の金融機関の通帳を提示するとか。

ずいぶん細かく具体的な金額指定だと思ったのですが、どうやら、この金融機関なりに、建て替えにかかる費用を計算したようです。そして、住宅ローン以外で支払うことになる金額を、私がちゃんと持っていることを確認したいということみたい…。

そうすると、金融機関側は、今回の建て替えに掛かる費用をいくらと見ているのか、私に教えてくれたようなものです。この金額がわかると、私も、少し安心です。

住宅ローンで借りれる金額

1,900万円

建築会社に支払った頭金

100万円

今回、証明を求められた金額

278万円


上記3つの合計金額
(おそらく、金融機関が見積もっている今回の建て替えに必要な金額)
1,900万円 + 100万円 + 278万円 = 2,278万円




R社から受け取った見積り金額は約2,194万円でした。(参考:ベランダよりも屋内延床の方が安いとは!?

この差額は…

2,278万円 – 2,194万円 = 84万円

…という事は、R社からの見積りの他にかかる費用は84万円ぐらいみておけばいいというわけですよね?

やっと、わかりやすい見積りが出てきたような気がします。なんだか、スッキリとしてきました。



でも、我が家には、貯金は、ほとんどありません。持ち合わせは、投信出資金など。だから、すぐには、この金額は用意できないのです。

ですから、預金ではなくて、証券会社の保有商品一覧を見せればいいのか尋ねると、やはり、その価値(投資)は流動的だからという理由で、断られてしまいました。

やはり、投資関連の商品を売っ払うしかないようです。

昨日、NY市場が500ドル近く暴落していました。そのような流れで始まった東京市場は開場して間もなく300円落ち。

…タイミング、悪すぎです(x_x;。

でも、金融機関の担当者は、「急ぎではないし、今日は相場が悪いですから…」と。私の気持ちがわかる良い人です。うんうん(-ω-)。

午後からは、日銀のETF買い観測が流れたおかげだと思うんですが、少々、戻してくれたので、とっとと、売っぱらっちゃいました。例年のことですが、私が好き好んで買ってる銘柄は、だいたい、4月初旬の新年度ポジションが終わると、株価が下がっちゃうんですよね。投信もインデックスが多いですし。

でも、私が手放した翌日には、株価が反発して戻してることもよくあるパターン。しばらくは、株価は見ないようにしたほうがいいかも。

…なんだか、家の話とは、かけ離れてきました。

しかし、住宅ローンが大変って、返済だけじゃないんですね。はぁ=3。

スポンサードリンク

 にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
PVアクセスランキング にほんブログ村