こんばんは、太美です。

 地鎮祭も無事に終わり、いよいよ着工となりました。ここまで長かったような、短かったような不思議な感じです。

 去年の今頃は、私は家を建てるなんて全くってなく(狭太は考えてたみたいですが)来年の夏休みは海外に行きたいな~(^^♪と、予算100万円ぐらいで見積もって、毎日、格安海外航空券のサイトを見ていたのに!

 に使うつもりの貯金も、もちろん建築費用につぎ込んでしまったので、宝くじでも当たらない限り行はおですね(^^;


海外旅行のつもりでした
私は、海外旅行のつもりでした。

 さて、私たち夫婦がレスコハウスに建て替えをお願いすることになったいきさつは、すでに狭太が書いていますが、私にするとあっさりな感じで、言い分あるんだよ、と思ってたのでちょっと書いてみようかと思います。

 私が生まれて初めて住宅展示場を訪れたのは去年の8月でした。

 娘が習い事の合宿のため不在で、私としては…、

  • どこかのショッピングモールでも買い物に行くか、
  • たまには映画もいいかな~

 …なんて考えていたら、狭太が、

 住宅展示場に行ってみない?
 ほら、〇×ショッピングセンターの隣のあそこ!
 帰りは隣でご飯食べてくればいいし!

 …と、誘ってきました。私もお金がかかるわけではないし、見るくらいいいか、と思い快諾。これが、予算100万円の旅行が、20倍超えのショッピングに変わることになろうとは…3件のモデルハウスでハイな気分に続く。)

(太美)
一覧はこちら → 太美が思っていたこと


スポンサードリンク

 にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
PVアクセスランキング にほんブログ村