さくら並木

お家を建て替えるのに必要なお金を、ひとつの口座に集めることにしました。

この口座は、住宅ローンを借り入れる金融機関の普通口座です。

先日もお話していますが、住宅ローンを貸してくれる事になった金融機関から、「278万円分の資金があることを確認させてほしい」と言われています。

この278万円と住宅ローン借入額1,900万円、併せて2,178万円が、お家を建て替えるために用意しておく必要がある金額です。(参考:住宅ローンの本審査が終了。

そこで、私は、住宅の建て替えに関するお金は、すべて、この金融機関を使うことにしました。

1,900万円は、この金融機関から借り入れて、
残278万円は、この金融機関に預け入れしておく。



このようにしておけば、建て替えに関するお金の管理がわかりやすいと思ったのです。

現在、この金融機関に預け入れているお金は、積立預金の約42万円。そうすると、

預け入れたい金額預金されている金額 = 足りない金額

278万円 – 42万円 = 236万

あと、236万円をこの金融機関に預け入れすればいい訳ですね。

Φ(._.)うんうん。







先日、この住宅資金に充てようと、株を売却しました。この売却による入金金額は「110万円」です。

今回売った株は、OLC(ディズニーランド)です。

娘が、若干、寂しがっています。
妻は、かなり悲しんでいます。

なんだか、申し訳ない気持ちです。ごめんね。

この売却金額が、郵便局口座に入金されたので、住宅ローンの金融機関に移すわけですが「究極の選択」に迫られます。

どうやって、この110万円を住宅ローン金融機関の口座に移しましょう?

郵便局口座から、「金融機関口座に振り込む」か、郵便局口座から、「現金を引き出して、金融機関口座に預け入れに行く」か…。

振込」か「現金預け入れ」です。


振込の場合、432円の手数料。
現金預け入れなら、無料です。


我が家は、今、節約生活に取り組んでいます。

  • 月々8万円使っていた食費を月々6万円に節制できるようになりました。
  • お酒も炭酸系、のどごし系を止めて、味わって飲める格安ワインや焼酎やウイスキーをメインに替えました。
  • ポテトチップスやとんがりコーンなど、スナック菓子も節制してます。
  • ショッピングに行っても、外食を控えています。
  • 今年の桜まつりは、娘の友達付き合いだけで、家族では行きませんでした。

ホントに、頑張っているんです!!!←エバレルほどじゃないですけど(-_-。

だから、ここで、振込手数料432円を支払うのは、とても勿体無く思うんです。

でも、もし、現金で下ろして、金融機関まで持っていく途中で、落っこどしたり、ひったくられたり、事故にあったり、そうしたらどうなることでしょう。怖いです。

「432円の損失」or「110万円のリスク」どちらを選ぶか。まさに究極の選択なのです。



…結局、ここまで節約を頑張っているので、432円をケチることにしました。


郵便局で、100万円ひと束と1万円が10枚を引き出し。

引き出し際には、使いみちの確認、本人確認が求められました。

そして、住宅ローン金融機関の窓口で預け入れ。

こうして、我が家は、432円の節約ができたのでした。めでたし、めでたし。


本日は、くだらないお話しにお付き合い頂き、有難うございました。m(_ _)m。



スポンサードリンク

 にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
PVアクセスランキング にほんブログ村